旦那さん(当時は彼)とのデート代の管理方法。


  二人のデート代


彼氏とデートする時、割り勘?おごってもらう?おごってあげる?どうされていますか?

ぽこたん達は、旦那さんと付き合い始めの頃までは、食事に関しては交互に支払うというやり方でした。
昼は、ぽこたんが払うと、夜ご飯は旦那さんが支払うというパターンです。
お茶代に関しては、すべて旦那さんが、映画などに行った時は、割り勘にしてました。
ただ、このやり方だと、この前のご飯は誰が払った?と覚えておかなといけないのと、あるときは、安いラーメンである時はレストランでと言うことになって、支払う金額が場所によって違ってくるんです。

そこで、友達の意見を参考に考えたのが、毎月のデート代を月の初めに出し合って、そのお金で毎月のデートをします。
金額は、その人たちの関係、収入、合う回数、住んでる場所によって出費金額が変わってくると思いますが、こんな感じです。

彼女 合計
25,000 25,000 50,000
15,000 15,000 30,000
20,000 20,000 35,000


では、どうやるかですが、まず月初めに会ったら、お金を出し合い、個人の財布とは別に財布を用意します。
そして、二人のデート代はすべてその財布から出します。
できれば、こちらも簡単でいいので、お小遣い帳をつけるといいです
そして、お金が足りなくなれば二人で金額を決めて補充します。
お金が余ったときは、予備のお金としてよけておきます。

二人共通の財布をもつといいこと。
自分のおこづかいの中で予算がたてやすい。
交互に払ったりするといつお金がいるかわからないので、月によって出費の金額が違ってきます。
二人でお金を出し合うと、そのお金で毎月やりくりしようとがんばれる。
将来、旦那様のお給料を自分が管理したい人には練習になる。

二人共通の財布をもつ、あまりよくないこと。
ぽこたんは、荷物が多いのに財布がひとつ増えるので、さらにかばんが重くなります。
お小遣い帳をつけたほうがいいので、それをする手間がかかる。
所帯じみた感じになる。
財布を管理してると、自分が常に支払いをしてる気がする。

お金が余ったとき。
できれば、二人でわけるより、残しておくほうをお勧めします。
毎月5,000円くらいあまるなら、最初に出し合う金額を見直すことをして下さい。
もし、2,000円くらいあまるなら、予備費としておきます。
マイナスになった月の補充にもできますし、クリスマス、誕生日、記念日となるとご飯を食べたりするのにお金がかかります。
そういう時に使える為に置いておくと、お小遣いの管理もしやすいです。






 トップページへ


 おおざっぱなお小遣い帳1

 おおざっぱなお小遣い帳2

 ステップアップお小遣い帳1

 ステップアップお小遣い帳2

 お小遣い帳選び

 ぽこたんの毎月の予算

 二人のデート代

 二人貯金

 彼からのプレゼント

 旦那様からのプレゼント




たくさんプレゼントを旦那さんからもらっていますが、お花はまだです。
意外と女性はお花をもらうとうれしいですが、男性には買いづらいんでしょうね。



ハーブティ・入浴剤・アロマオイル・・癒しグッズならこちらへ。







Copyright (C)2007  ぽこたんのこつこつ節約生活 All rights reserved
Since 2005/3/6