結婚は、二人だけの問題ではありません。

 さまざまな考え


二人の結婚がめでたく決まり、ご両親へ報告。

ここからが、大変なことの始まりでもあります。

お互い大人だし、結婚だって自由にできるんだから・・・ そのとおりです。
けど、やっぱり結婚って家と家がする部分でもあるんです。
この家と家というのが、ぽこたんにとってもしんどく感じる部分でした。

例えば、結婚式をあげるかどうか?結納はするか?などです。

ぽこたん達の場合、結納は、だんなさんの両親は、ぽこたん側がしてほしいならしますとのこと。
ぽこたん達も別に必要がないというので、結納はせずにお食事会をしました。

けど、友達の中には、彼女側は必要ないと思っていても、彼側が大切なお嬢さんを頂くのに、しないわけにはいかない。
またある人は、彼側は必要ないのでは?と思い、彼女側も必要ないと意見が一致したにも関わらず、彼女のおばあちゃんが結納をしてもらわないと困るというので、することになったり・・ こういったことが、いくつも出てきます。

結納だけの問題ならいいですが、結婚式の会場、費用の問題など、二人だけで決めれない部分もあります。

結婚式も国内?海外? 彼女は、海外で新婚旅行も兼ねて・・って思っていても、旦那さんのご両親が国内でしてほしいと言ったり。

身内だけでしたいと思っていても、親族一同盛大にっていうこともあるし。

今までだと、彼と彼女だけの問題が、彼と彼女と両親×2になりました。
そして、両親は母と父親がいるのです。 つまり6通りの意見をまとめないといけないんです。
友達の場合 結婚式の招待状を出すときの事。

自分達の名前で出すか両家の父親の名前で出すか?
彼女は、自分達の結婚式だから自分達の名前で出したいとずっと思っていました。

けど、彼の両親はきっと親の名前で出すのが当然と思ってるだろうなと思いつつ、彼に聞いてみたところ、そりゃ反対されるのでは?という返事。

ところが、彼の友達が結婚することになり、招待状がきて、見ると・・ 新郎新婦の名前で送られてきて、彼のご両親が、最近は自分達の名前で送るのか。 お前たちも、自分達の名前でだしたら?となんと偶然にも彼女の希望が通ったのです。

彼女は、駄目だと思ったことが、希望通りなったので、喜びました。

が、肝心の自分の父親が、駄目だ、式は家と家がするものだといって、説得しても反対され結局両親の名前で出すことになったのです。

灯台下暗しとはこのことだと彼女は嘆いていました。

相手のご両親も当然ですが、自分の親のこだわりも出てくることがありますので、自分の思い込みだけで動かないことです。



結婚が決まったら、ここを見てください。




手作りの小物も最近は、当たり前のように多いです。







 トップページへ


 結婚式の準備期間は?

 結婚式の日取りは?

 式場選び1 

 式場選び2 

 ブライダルフェア

 ブライダルフェアへ行こう

 見積もり表

 情報収集はたくさん?

 スケジュール

 さまざまな考え

 手作りと市販品について

 ドレス選び

 指輪について

 結婚式アイデア集

 プチギフト

 結婚式役立つサイト





結婚が決まったら、まずはここ!
ゼクシィnet

ドレス選び悩みますね。




Copyright (C)2007  ぽこたんのこつこつ節約生活 All rights reserved
Since 2005/3/6